ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーを効果的にとる方法

私は50代女性なので少しでも若く美しくありたいと思いローヤルゼリーを40代後半から摂取しています。
これは女王蜂や女王蜂になる幼虫のために、働き蜂が作る成分で、黄金色の蜂蜜とは違い乳白色をしています。
また味も甘くおいしい蜂蜜とは全然違い、生臭く決しておいしいとは言えないものなのですが、
ローヤルゼリーを効果的に摂取するには加工されたしなものを取ることがお勧めです。
サプリメントとして加工されているものは、カプセルや錠剤などの固形のものとドリンクなどの液状のものがあります。
ドリンクはやはりローヤルゼリーの風味が残ってしまいますので、私はちょっと続けることが出来ず、今はカプセル状のサプリメントを取っています。
ただ栄養価的にはドリンクタイプの方が効果が高いという説もありますので、風味が気にならない人にはドリンクタイプの方がよいのかもしれません。
ですがローヤルゼリーのサプリメントは薬ではないので継続することで効果が出てくるので、自分にあったタイプのものを長いスパンで取ることが大切です。
これだけを食べて一生を送る女王蜂は、通常の働き蜂に比べるとなんと寿命は40倍も長いといいますし、毎日2000個もの卵を産むといいますから、その栄養価の高さがそのことだけでも伺い知ることが出来ます。
効能としては、滋養強壮や疲労回復といった誰にでも嬉しいものや、血圧、コレステロール値、血糖値の正常化、動脈硬化の予防といった、成人病の人に最適な効果があります。
また私のように美容目的の人にうれしい効果としては、肌荒れ、シミそばかすの改善などのアンチエイジング効果があります。
様々な効果をもたらす女王蜂の栄養素ローヤルゼリーの成分は、何かに特化しているというよりも、豊富な栄養がとてもバランスよく含まれているということです。
五大栄養素といわれる、タンパク質、ビタミン、糖質、脂質、ミネラルが含まれており、女王蜂が一生の間にこれだけで生きている完全食品と言えます。
他にも20種類以上ものアミノ酸や、最近話題の葉酸、脂肪の流れを良くするといわれているイノシトールなどの成分も含まれています。
また、どのような効能があるのかまだ解明されていない、ローヤルゼリー特有のR物質という栄養素も含まれています。
まだまだローヤルゼリーの研究や人に対する効能や効果はすべて解明されていませんので、これからも新しい効能が発見される可能性もあるのです。
素晴らしい効果が期待できるローヤルゼリーですが、まだ研究中の部分もありますので、妊娠中や授乳中は摂取しないほうが良いと言われていますし、アレルギー症状を起こす物質でもありますので、アレルギー体質の人は慎重に摂取し少しでもアレルギー反応が起こるようであれば速やかに摂取を中止し、医師に相談が必要です。
また現在薬を服用中の人が、何らかの副作用が起こる可能性もありますので、お薬を処方してもらっている医師に相談が必要です。
手軽に摂取できる手軽なサプリメントですが、あれもこれも飲むのは大変ですし、費用もかさみます。
私はローヤルゼリーと同じ蜜蜂由来の成分であるプロポリスも配合されたものを飲んでいますが、他にもセサミン配合のものなど様々なサプリメントが販売されているので自分に必要な製品を選んで摂取するのが良い方法です。
ローヤルゼリーと相性の良い成分がこちらで紹介されています。
サプリメントで一緒になっている成分もありますので、気になる成分がありましたら併せて摂ってみましょう。

Copyright(C) 2009 天然の栄養.com All Rights Reserved.