ローヤルゼリーイメージ

体に良いローヤルゼリーは、なぜ癌にも良いといわれるのか

癌という病気には、手術以外に放射線治療や抗がん剤が使われるのは知られています。
手術なら、腫瘍部分を切除しますし、放射線で悪性の腫瘍を治療したり、抗がん剤で癌化した細胞の働きを抑えるようにするのです。
私の知り合いの中には、癌と宣告をされて、手術と抗がん剤治療をした人と、宣告されて治療法がないと言われた人が同じくらいいます。
現在の医療では打つ手がないと言われてしまった人で、温泉が良いと聞いたり色々な食材や漢方薬を試す人などがいます。
その中でも、ローヤルゼリーはアミノ酸を豊富に含んでいる健康に良い食品です。
ミツバチから作り出される物質なのでハチミツやプロポリスなどと同じようなものと思っている人も多いようです。
ローヤルゼリーとハチミツ、プロポリスとのちがいがこちらにわかりやすく解説されていますので一度ご覧になってみてください。

私は、親戚が癌だとわかってから色々とインターネット上で何が体に良いか調べたことがあります。
お酒を飲む機会が増えるとCMが増えるウコンがありますが、ウコンにも種類があって、秋ウコンと春ウコンがあるそうです。
他にもアガリスクや健康茶の中にも効果のありそうなものを発見しました。
そこで思ったのが癌に効果があると言える理由が共通していることです。
そもそも、健康な状態なら、手に傷ができても傷が治ればそこで細胞の増殖は止まります。
ところが、再生される細胞のペースがおかしくなってしまうことがあるのです。
その原因として活性酸素が挙げられています。
活性酸素は、ある一定量までなら体に必要なものです。
ところが、一定量を超えてしまうと、人体に老化などの様々な影響を与えはじめます。
細胞は必ず老化しますが、それ自体も正常な細胞の働きです。
周りで健康に気を使う人が増えているので、自分のためにもローヤルゼリーを購入して飲んでいます。
朝、すっきり起きられるようになりましたが、体内で何か良い効果があるのではないでしょうか。
細胞が健康であるということが、癌そのものを抑制する効果を期待できるだけではなく、予防にも役立つと言えるのです。
細胞という存在すらわからないでいたエジプト文明などの時代から、ミツバチを観察した当時の人々から、ローヤルゼリーは不思議な液体として注目されていました。
ローヤルゼリーだけを食べて育つ女王蜂は、体の大きさや寿命などが他のミツバチと全く違います。
産卵も毎日すると言われており、その体力や身体能力に注目されていました。
現代になって、色々と成分を調べた結果、ハチミツと違ってたんぱく質や脂質、ミネラルなどの栄養が豊富であることがわかってきたのです。
栄養の違いで固体(固体を形成する細胞)に変化が出ていると考えられます。
この、ローヤルゼリーなら、人間の細胞にも良い効果が期待できそうだと考えられるのはもっともです。
正常な細胞にある時異常が起こってしまい、その増殖が進んだ時や遺伝子に傷がついたときなどに命を脅かす腫瘍となってしまうのです。
例え、一時的に細胞に異常が起こって癌化してしまったとしても、口にする栄養などで細胞を正常化する働きを強められれば、進行をゆっくりにすることは可能です。
メンタルな面の影響が大きく出る人も多いのですが、ストレスからも活性酸素は大量に出ることがわかっていますので、笑うことが効果があるといわれるのも体に良い影響があるからです。
実際に、私の親戚は、色々な食材を食べてもらって少し余命より長生きしてくれたのですが、治療もあまり辛くないと言ってくれたことは救いです。
こちらにはローヤルゼリーの効果効能と副作用について詳しく解説されているサイトがあります。
とてもわかりやすいサイトなので是非ご覧ください。

Copyright(C) 2009 天然の栄養.com All Rights Reserved.