ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーは若さを保ち健康になれる

私は長い間ローヤルゼリーを取っているのですが、もちろんそれは確かな効果があるからです。
まずローヤルゼリーにどのような効果があるのかですが、私の場合は美肌効果や生活習慣病対策に確かな効果を感じています。
ローヤルゼリーを使っているとまるで若返ったかのような効果が確かに感じられ、肌の調子は良くなり運動も楽しくなるほどに体の調子が良くなります。
まず美肌効果ですが、若返りホルモンと呼ばれているパロチンと呼ばれる物質が含まれているからです。
このパロチンは成長ホルモンの一種で、筋肉、内臓、皮膚を若返らせ健康的にしてくれる効果を持っているのです。
また若さを保つ効果も持っており、これは新陳代謝を活発化させるアミノ酸やビタミンなどと言った物質との相乗効果と言われています。
見ただけで分かる効果は肌の調子が良くなる事なのですが、ローヤルゼリーを飲見続けていると確かな効果があるのが分かってきます。
その効果の中でも大きい物が生活習慣病対策です。
インスリンに似た作用を持った物質であるデセン酸と呼ばれる物の効果として、生活習慣病の改善や予防ができると今注目を浴びているのですが、私の体験としては確かな効果があります。
体内の糖代謝を活発にさせ糖尿病の対策に素晴らしい効果があることや、血中のコレステロール値を下げる効果が確かに感じられます。
この効果を知り糖尿病や高コレステロールに悩んでいる知人に勧めたのですが、その知人もずっと病院に行くほど苦しんでいたのですが、ローヤルゼリーを取り始めてから三ヶ月ほどで確かに効果があったと喜んでいたのです。
アンチエイジングにもローヤルゼリーは高い効果を持っています。
どのような効果があるかと言いますと、外見の若さを保つことはもちろん細胞一つ一つにエネルギーを補給したり、細胞の寿命を延ばしたりする効果があるとされています。
私の体験としても肌や筋肉の調子が良くなるほかにも、新陳代謝が活発になったり頭の回転が良くなったりといった効果があります。
このような効果はどういった物質によって起こっているのだろうと調べてみたのですが、エイジングに効く物質としてはタンパク質に分類されているアピシンや若さを保つために大きな効果があるアセチルコリンなどの物質があることがわかったのです。
アピシンは細胞が繁殖するためのエネルギーを供給したり、細胞自体の寿命を延ばすといった効果があります。
この一つ一つの細胞の寿命を延ばすと言うことは単に肌や内臓の調子を良くするだけではなく、人間自体の寿命を延ばしたり健康でいられる時間をのばしたりと言った素晴らしい効果でもあるのです。
またアセチルコリンには脳から筋肉への伝達をスムーズにするといった効果とさらに他にも自律神経に作用し脳を回復させると言った効果を持っているのです。
この二つの効果を合わせるとボケ防止に素晴らしい効果を発揮するのです。
ただ体の調子を良くするだけではなく、ボケ防止により本当の意味で若さを保つことができると研究の結果わかっているのです。
ローヤルゼリーを取ることによって肌、筋肉、内臓を若返らせ健康的に若さを保ち、脳の若さを保つことが私の体験としても実感できています。
ローヤルゼリーの摂取にベストな時間帯についても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2009 天然の栄養.com All Rights Reserved.